​擁壁工事

擁壁事業とは、高低差のある土地の斜面が崩れないように、斜面を安定させるための工事です。鉄筋コンクリートやコンクリートブロックなどで斜面を壁状に覆い、土砂崩れを防ぎます。もともとあった崖だけでなく、土地を造成する際に切土や盛土によって土地に高低差が生じる場合も同様です。

​最近では、いろいろな場面で多様な擁壁があるので仕上がりが綺麗で高さや延長大きいほど見ごたえがあります。

1/6